教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 教授

現代教養学科

益子ましこ 待也まちや

私が今、考えること

柳田国男の民俗学のなかに、興味深いさまざまな研究テーマがある。これらを相互に関連づけて考察してみたい。三本足のカラス、捨子伝承論、盲目伝承論、片目伝承論、人身御供論、人柱論、浦島伝説、夜のフォークロア、雨乞いのフォークロア、などである。

受験生
学生へ一言

民俗学と文化人類学のコラボは、とても面白い発見を導いてくれる。民俗学は、今まで知らなかった日本文化の別の一面に気づかせてくれる。文化人類学は、それとは逆に、異文化研究を中心とした学問で、世界を理解して、世界に出ていきたいという欲求を刺激する学問である。日本のことを深く研究する民俗学と、異文化を深く考察する文化人類学の二つの学問は、文化を理解するうえで、異なったベクトルを持っているが、この二つの学問的方向を学んでいると、世界のさまざまな事象が理解可能になる。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等